生後10ヶ月の赤ちゃん対策

生後10ヶ月の赤ちゃん対策

生後10ヶ月の赤ちゃんは平均体重8〜9キロにまで成長し、
運動の能力もだんだん発達してきます。

ハイハイをしたり、つかまり立ちもできる頃になります。 手や足の使い方も上手になってきてテーブルのまわりを つたい歩きをしたりするようになります。

精神的な面も発達してきて、母親の言うことがだんだん わかるようになってきて、褒められたり叱られたりすること が理解できるようになります。

この時期に気をつける事は、

嘔吐下痢症が増えてきます。 幼児の嘔吐下痢症はだいたい2歳くらいまでが多いですが、 この時期にはロタウイルス感染症(乳児白色便性下痢症)がみられ 嘔吐や白っぽい便が何回も出るような症状がでます。

症状が出始めたら早めに病院に行き診察してもらうのが良いです。 予防としては、手洗いうがいなどが大切です。 冬場のインフルエンザにも注意しなければなりません。年内には 予防接種などで対応されるのが良いでしょう。